グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  学校案内 >  教育理念/ポリシー

教育理念/ポリシー



教育理念

【建学の精神】
学校法人愛知学院の建学の精神は「行学一体」、「報恩感謝」です。禅の思想を基にした「行学一体」は知的な理解のみに満足せず、人間的な成長をめざす知の実践を意味します。「報恩感謝」は自己を正しく捉えて、ともに生きるすべての人や社会に感謝し、その恩恵に報いる心を表す言葉です。
愛知学院大学歯科技工専門学校では、建学の精神に基づき人間性の確立を教育の根本に据え、実社会で必要とされる有能な医療人である歯科技工士の養成を目指します。

【教育の理念】
本校は、教育基本法と学校教育法の精神に基づき、歯科技工に関する専門知識と技術を教授研究し、豊かな教養と人格を備えた歯科技工士を養成し、もって広く世の各界に寄与し、人類の福祉と文化の進展に寄与することを目標とします。

【教育の目的】
教育の理念を具現化するために、歯科技工専門学校は2年間の在籍期間中に、一般教養科目の充実を図りつつ、附属病院を有する歯学部に併設された専門学校の特色を生かし、専門基礎科目では歯科医療と歯科技工の基礎に関する講義と実習を、専門科目では歯科技工の臨床に関する講義、実習および臨床見学実習を行います。
高度な専門知識と技術、臨床応用力を備えた歯科技工士を教育することで、
国民の顎口腔機能を再建し、特に高齢者の健康維持に人間性の維持を図りながら積極的に貢献できる歯科技工士の養成を目的とします。さらに人間性重視の教育、デジタル加工などの最新・高度な歯科技工技術教育、歯科医療に携わる他の医療職種の人たちとチームアプローチが実行できるようにコミュニケーション力や情報処理力を高める教育、海外勤務に対応できるグローバルな教育を目指します。

教育目標

① 社会人としての幅広い教養と医療人としての倫理観をもった歯科技工士の養成
② 国民の歯科医療に貢献できる最先端の歯科技工の知識と技術の修得
③ 臨床技工に対応し、問題を発見、解決できる歯科技工士の養成
④ 社会の要求とEBMを重んじた歯科医療に貢献する歯科技工士の養成
⑤ 社会に貢献できることを誇りとし、生涯を通じて知識と技術の修得に努める歯科技工士の養成
⑥ 歯科医師、歯科衛生士などの歯科医療従事者とチームアプローチが行える専門的知識、
  情報処理能力およびコミュニケーション力の修得
⑦ 社会のグローバル化に対応できる人材の養成
⑧ 歯科技工士養成教育機関で指導者になりうる人材の養成

ポリシー

【アドミッションポリシー】
本学の建学の精神、教育の理念および教育の目標を達成するために、十分な学力と高い目的意識があり、常に知識と技術の修得のために努力することができる人、将来、医療人として社会で必要とされる人間性の豊かな人を求めています。

【カリキュラムポリシー】
 教育の理念に基づいた歯科技工士を養成するために、カリキュラムは歯科技工士学校養成所指定規則に準拠させ、平成26年(2014年)に全国歯科技工士教育協議会が作成した歯科技工学教育モデル・コア・カリキュラムの基本理念に則って、基礎分野、専門基礎分野および専門分野で編成します。
また、歯学部をはじめとする愛知学院大学の各学部と歯学部附属病院の協力を得て教育内容の充実を図ります。

【ディプロマポリシー】
 本学学則に定められた所定の単位を修得し、教育の目標を達成することで理論に基づいた専門知識・技術を身に付け、医療人としての自覚を持ち、主体的に医療に携わることができると判断された者に専門士(医療専門課程)の称号を授与します。