グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  学科紹介 >  本科 >  実習のご紹介(本科) >  歯冠歯列の保存・修復技工実習

歯冠歯列の保存・修復技工実習


本科2年生の歯冠歯列の保存・修復技工実習についてご紹介します。
歯冠歯列の保存・修復技工実習では、歯列に調和する歯冠形態と歯冠補綴装置の製作工程について勉強します。
上の写真は右下の奥歯の全部金属冠の製作過程の一部です。鋳造前の原型の製作でワックスアップ(鑞型採得)という操作をしています。1年生で覚えた歯の形を隣の歯や対合の上顎の歯と調和させるように形成をします。実習の実技試験前には、歯型が着脱できる作業用模型を使用して、繰り返し練習をして短時間で最適な形態がつくれるように技術の修得に励みます。

本実習では個歯トレー、支台築造(コア)、仮歯、全部金属冠(銀歯)、インレー、レジン前装鋳造冠、陶材焼付鋳造冠、オールセラミッククラウン、ブリッジなど様々な補綴装置の製作を行います。