グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  学生生活 >  先輩からのメッセージ >  在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ


本科2年 青木 拓真さん(静岡高等学校出身)

 歯科技工士を目指そうと思ったきっかけは高校3年の時、母からの勧めでした。小さい頃からものづくりが好きだったので、好きなことを活かして人助けができる歯科技工士に興味を持ちました。この学校を選んだ理由は、専門学校が愛知学院大学歯学部と併設されていること、また、愛知学院大学歯学部附属病院もすぐ近くにあるので、学べる環境が他の歯科技工士学校より整っているところにとても魅力を感じました。
 本科では歯科技工に関する基礎的な知識や技術を学んでいます。初めて知ることや作業ばかりなので、上手くできずとても大変ですが、先生に教えてもらったり、友達とともに練習したり、切磋琢磨しながら日々知識や技術の習得に励んでいます。
 将来、入れ歯や歯並びで困っている人たちの悩みを解消できるような歯科技工士になるために、これからも頑張っていきたいと思います。

本科2年 中嶋 桃花さん(瑞浪高等学校出身)

 私が歯科技工士を目指そうと思ったのは高校3年生の時です。オープンキャンパスに参加し、施設見学や体験実習を通して学校の和やかな雰囲気とモノづくりの楽しさを知ることができ、歯科技工士を目指すきっかけになりました。
本校では、入学後すぐに愛知学院大学歯学部附属病院の見学実習があったり、卒業生の方の話を聞く機会があったりするので、日ごろから臨床を意識して実習に取り組むことができます。
今は、基礎実習の慣れない作業で思うようにいかないことが多いですが、友達や先生にアドバイスをもらい、納得のいくまで繰り返し作業をして日々奮闘しています。国家試験まで限られた時間しかないので一回一回の講義や実習を大切にして、患者さんの健康をサポートできる歯科技工士になれるように努力していきたいです。


専修科2年 石川 麻美さん(大垣日本大学高等学校出身)

 私は、様々な補綴装置の製作方法を学べるところ、実際の臨床で多くの経験をして就職に活かすことができるところに魅力を感じ専修科へ進学しました。
 専修科の実習室は歯学部附属病院内にあるため、歯科医師や患者さんとの距離が近く、補綴装置の製作で気づいたことなど意見を直接聞くことが出来ます。また、製作した補綴装置を患者さんの口腔内へ装着する場に立ち会うことが出来るため、模型上と口腔内での装着したときの違いや改善点を見つけ、理解を深めることが出来ます。同じ製作物でも患者さんによって全て形や大きさが違うので工夫をして製作しています。時には、臨床報告会を行い仲間と意見を交換することで知識の幅を広げられ、技工に活かすことが出来ます。
 日々、多くの症例を経験する中で難しい症例を担当する機会もあり貴重な経験をさせていただくことがあり、新しい技術や、知識を身に付けることが出来、とてもやりがいを感じています。


専修科2年 近藤 はるかさん(至学館高等学校出身)

 本科卒業後、就職する道も考えましたが就職活動をしている際に歯科医院や歯科技工所を見学してみて自分のペースで勉強しながら臨床技工を学びたいと思うようになりました。そこで、保険診療から自費診療まで幅広く臨床実習を行える専修科に魅力を感じて進学を決めました。
専修科では歯科医師とコンタクトを取りながら技工装置を製作し、また、製作した技工装置が患者様の口腔内に装着される瞬間に立ち会うため、良かった所も悪かった所も学んで次の製作へ経験を活かすことが出来ます。
今はより沢山の臨床ケースを担当することで多くの経験を積み、歯科技工士として一人でも多くの患者様の笑顔が見れることを一番の目標として実習に取り組んでいます。