グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  お知らせ >  第6回オープンキャンパスが開催されました!!

第6回オープンキャンパスが開催されました!!


11月18日(土)第5回オープンキャンパスが開催されました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

今回のオープンキャンパスの様子を紹介させていただきます。

施設見学では、実習室や鋳造室といった学校施設だけでなく、歯学部附属病院も見学していただきました。
附属病院に来院された患者さんの補綴装置や矯正装置などを製作する歯科技工部など普段は入ることが出来ない附属病院の裏側まで見学していただきました。また、近年急速に進歩している歯科用CAD/CAMの一つであるセレックの見学をおこないました。CAD/CAMとは歯科用の3Dプリンターのようなものです。最先端の3D光学カメラを使用して治療部位を撮影(スキャン)し、モニター上に再現します。そのあとはCAD装置の3D画面上にて補綴装置を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。参加されたみなさんも機械が作り出すスピードや完成度の高さに驚かれていました。

体験実習では、実際の臨床で使用する材料と器具で自分の歯と同じ色のレジン前装冠(差し歯)を製作しました。
初めに示説室にて前装冠の概要や製作方法を聞いてもらいます。その後、測色器という器械を使って自分の歯の色を測ります。

自分の歯の色を再現するレシピが分かったら、光重合レジンと呼ばれる材料を歯の形になるように盛り付けていきます。これを色を変えて何層も重ねることで、目的の色に近づけていきます。
特定の波長の可視光線に当てるまでは硬くならない材料なので、焦らずに形成することができます。

おおまかに盛り上げ、形成ができたら、光重合器に入れ3分間光照射します。
この操作によって光重合レジンの成分が重合(化学反応)し、硬化します。
見た目はまるで電子レンジのようです(笑)

重合が完了したら、技工用エンジンで余分なところを削って形態修正をしていきます。
もし、難しいところや分からないところがあっても、学生スタッフがマンツーマンでサポートしていきます。
2人でかっこいい作品を作り上げましょう!
もちろん、体験実習以外のことも気兼ねなく在校生の学生スタッフに質問もしていただけます!

校内の雰囲気なども肌で感じていただけます。

最後に、皮バフを使って綺麗な艶が出るまで研磨しましょう。中性洗剤で洗ったら完成です!!
キーチェーンを付けると、意外と可愛く見えてきたりするかも?(笑)
ぜひ、カバンや小物に取り付けてみて下さい!

オープンキャンパスの雰囲気が少しは伝わったでしょうか。

内容は全然難しくありません!毎回、和やかな雰囲気で進めていきますので安心して下さい!

写真や説明だけでは分からないこともたくさんあります。

今年度のオープンキャンパスは終了しましたが、学校見学は随時受付しておりますので、
少しでも歯科技工士に興味がわきましたら、ぜひお問い合わせ下さい。

来年度のオープンキャンパスは日程が決まり次第、ホームページにて公開します。

詳細は本校ホームページのオープンキャンパスのページをご覧ください。

愛知学院大学歯科技工専門学校

入試係(歯学部事務室内)
担当:東(あずま)
〒464-8650 名古屋市千種区楠本町1-100
TEL 052(751)2561(代)内線1297