グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  学生生活 >  先輩からのメッセージ >  在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ


本科2年 石川 雄司さん

私は入学する以前に製造業をしていましたが、体を壊し退職しました。次の職を探しているときに、歯科技工士である父の仕事に興味を持ち、本校への入学を決意しました。
入学当初、私は手先が器用なほうではなかったため、専門的な内容の授業や実習についていけず、授業後に居残りをして実習をしていました。しかし、先生方のご指導やクラスメイトの支えのおかげで、少しずつですが上達していると実感しています。
将来の目標は、父と一緒に歯科技工士として歯科医療に貢献していくことです。目標を叶えるために、環境が整っている本校で多くの知識と技術を習得していきたいと思っています。

本科2年 伊藤 好香さん

私は、小さい頃から芸術作品に触れることや手先を使うことが好きで、デザイン科の高校へ通っていました。
しかし、知識を得るにつれて昔から好きだったことが楽しめなくなり、技術や感性を磨いても全ての人を満足させられないことに不甲斐なさを感じていました。もっとシンプルに、ものづくりで人の生活を豊かにしたいと思い、歯科技工士を目指すようになりました。本学科は、主に国家試験に向けて基礎的なことを学習しますが、歯学部や歯科衛生学科の先生も指導に加わってくださるので、とても心強いです。
歯科技工の世界に足を踏み入れて、初めて知ること、経験することばかりなので上手くはいきませんが、毎日が新鮮で楽しいです。


専修科2年 今田 麻美さん

私は本科での基礎模型を用いた実習とは違う臨床の複雑な症例に対応するための知識と技術を身につけたいと考え、専修科への進学を決めました。
専修科は歯学部付属病院内に学校があるため、臨床で活躍している高度な技術を持った先生に直接指導していただきながら、歯科医師の先生と補綴物の設計を相談し治療方針の決定や、製作した技工物を患者さんの口腔内に装着する場にいつでも立ち会うことができます。
今は口腔内模型と実際の口腔内の差を知ることで精度の高め、調整の時間を短くし患者さんへの負担を少しでも減らすことが出来るように意識して補綴物を製作しています。
専修科で一年間臨床技工の基礎を学び、その中で私は矯正に興味を持ちました。
二年次には矯正技工を学びたいと希望したところ、病院技工部の矯正の先生に指導して頂けることになりました。
自分の希望した分野に重点を置いて学ぶとこが出来るのも魅力の1つだと思います。


専修科2年 片桐 壮さん

本科では歯科技工の基礎となる知識と技術を学んできましたが、それらをより深く学び、高度な技術を身に付けたいという思いが強くなり専修科に進学しました。
専修科は歯学部附属病院内で実習や講義を行っているため、臨床現場で活躍している歯科医師や歯科技工部の先生方に直接指導をいただきながら補綴物を製作することで、実践的で最先端の歯科技工の技術が学べるという魅力があります。また、自分が製作した補綴物は口腔内への装着まで立ち会うことができるので、患者さんの感想を生で聞くことで歯科技工士としての役割を再認識しつつ臨床対応能力も身につきます。
さらなる歯科技工の向上をめざすにはとてもいい環境で学べていると実感しています。