グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  学生生活 >  先輩からのメッセージ >  卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ


専修科卒業生

松井 健汰さん(平成29年3月 専修科卒業)

大野歯科医院 勤務
私は専修科で臨床技工を学びながら、患者さんに近い環境で仕事をすることでより満足していただける事を経験し、歯科医院への就職を選択しました。
専修科で患者さんの口腔内に装着される様々な技工装置を製作してきたことで、就職後すぐに仕事に馴染むことができたと思います。
今は製作した技工装置が口腔内でどのように機能しているかなどを直接自分の目で確認し、患者さんや歯科医師の先生と話しながらより良い物が出来るように日々勉強しています。
分からない事や技術的に未熟な事がまだまだ多く先輩に頼ってしまうので、専修科で学んだ事と就職後臨床で学んだ事を総合的に自分の力にして早く一人前の技工士になれるように頑張っていきたいと思います。


山口 紗耶香さん(平成29年3月 専修科卒業)

てらお歯科クリニック 勤務
私は専修科を卒業後、患者さんに近い環境で仕事がしたいと考え歯科医院に就職しました。
今は歯科技工士の仕事をしながらアシスタントとしても患者さんに直接関わり、歯科医院のモットーである「患者様のお口の健康を通して喜びと幸せを提供する」という気持ちで患者さんと多くコミュニケーションを取るように心掛けています。
まだ分からないことばかりでドクターや職場の先輩方に助けてもらう事が多く大変なこともありますが、専修科で培った臨床経験を活かして仕事ができることに責任感とやりがいを感じています。


本科卒業生

坂本 信至さん(平成28年3月 本科卒業)

山本貴金属地金株式会社 名古屋支店 勤務
2年の間に身につけた知識を補綴装置作製以外に役立てる方法はないかと考え、歯科材料メーカーに営業職として就職しました。
岐阜県内を主に担当し歯科技工所、歯科医院、歯科ディーラーに対して歯科医療材料の販売、アフターフォロー、情報提供を行なっています。取り扱う製品も多くCAD/CAM関連材料など新しく発売される製品も多い為、知識習得は大変ですがお客様からの「ありがとう」という感謝の言葉にやりがいを感じながら頑張っています。
歯科技工士という仕事以外の道を歩み始め、今はまだ分からないことばかりで周りの先輩方に助けてもらうことも多いですが、母校で得た知識を活かし一人前の営業担当者になる為、日々努力しています。


桑葉 翔太さん(平成26年3月 本科卒業)

三越名古屋栄店歯科室 勤務
私が目指すのは、歯冠修復、有床義歯そしてCAD/CAMや3Dプリンターなどのオペレーターもこなせるこれからの時代に合った歯科技工士です。
卒業後、大阪セラミックトレーニングセンターで天然歯の形態と各種セラミックの扱いを学び、メタルフリーになりつつある歯科業界に遅れを取らないよう準備をしてから臨床へと歩み出しました。
歯科業界では材料や機械は常に進化し続けています。そういった新しいものに慣れることや、臨床での応用技術を身に付けていくことはもちろん大切だと思いますが、それらは専門学校で習う基礎があってこそ活きていくものだと思います。
臨床でも覚えることが沢山ありまだまだ未熟者ですが、基礎を重んじ同じ歯科技工士の先輩やドクター方とのコミュニケーションを欠かさず数多の知識と技術を培っていきます。

山田 慈英さん(平成27年3月 本科卒業)

グランド・ラボ株式会社 勤務
私の目標は有床義歯の製作を専門とする歯科技工士になることでした。当初は完成まで一人で有床義歯の製作をしたいと思っていましたが、製作工程を一つ一つしっかりマスターできる分業制のこの会社に入社を決めました。
入社してからは、新しく覚えなければならないことばかりで、失敗することも多く、上司に厳しく注意されることもあり、辛い時もありました。しかし、このままでは、一人前の歯科技工士にはなれないと思うようになり、なぜ、注意されたのか、どう改善すべきかを考えるようになりました。
一人前の歯科技工士として認められ、自らの目標を達成するため、今までの甘い考えは捨てて頑張っています。


小川 奈那さん(平成27年3月 本科卒業)

株式会社アバンテック 勤務
私は、専門学校卒業後もともとやりたかった矯正歯科専門の歯科技工所に就職しました。矯正歯科についてはほとんど何も分からなかった私がやっていけるのかとても不安でした。まだまだミスばかりですが、先輩に丁寧に教えていただけるおかげで少しずつ分かるようになってきました。歯科医院ではないので直接患者様の顔を見ることはできませんが自分が製作した矯正装置が納品棚に並んでいるのを見るととても嬉しくなり、やりがいを感じます。
今の目標は、先輩の力をかりなくても一人で矯正装置の製作ができるようになることです。目標を達成するために、これからもこの会社で頑張っていきたいです。