グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  学生生活 >  先輩からのメッセージ >  卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ


専修科卒業生

山口 紗耶香さん(平成29年3月 専修科卒業)

てらお歯科クリニック 勤務
私は専修科を卒業後、患者さんに近い環境で仕事がしたいと考え歯科医院に就職しました。
今は歯科技工士の仕事をしながらアシスタントとしても患者さんに直接関わり、歯科医院のモットーである「患者様のお口の健康を通して喜びと幸せを提供する」という気持ちで患者さんと多くコミュニケーションを取るように心掛けています。
まだ分からないことばかりでドクターや職場の先輩方に助けてもらう事が多く大変なこともありますが、専修科で培った臨床経験を活かして仕事ができることに責任感とやりがいを感じています。


本科卒業生

山森 大輔さん(平成31年3月 本科卒業)

Yamamori Dental Labo 勤務
 私は補綴装置と有床義歯がどちらも出来る父を見て、自分も平等に出来る歯科技工士になりたいと思い、父の経営している技工所に就職しました。
 作成した技工装置は、自分で個々の歯科医院に納品しているので、直接、歯科医師からの意見を聞くことが出来ます。そのため、技工装置の出来栄えや、石膏模型では分からなかった知識を教えていただけるのでとても勉強になります。医師とのコミュニケーションも大切だと思いました。
 今はまだ父に頼っている作業がありますが、焦らず丁寧に作業を覚えて一通りの作業が自信をもって出来るように、また、父に任せてもらえるように技術を高めていきたいです。

山田 慈英さん(平成27年3月 本科卒業)

グランド・ラボ株式会社 勤務
私の目標は有床義歯の製作を専門とする歯科技工士になることでした。当初は完成まで一人で有床義歯の製作をしたいと思っていましたが、製作工程を一つ一つしっかりマスターできる分業制のこの会社に入社を決めました。
入社してからは、新しく覚えなければならないことばかりで、失敗することも多く、上司に厳しく注意されることもあり、辛い時もありました。しかし、このままでは、一人前の歯科技工士にはなれないと思うようになり、なぜ、注意されたのか、どう改善すべきかを考えるようになりました。
一人前の歯科技工士として認められ、自らの目標を達成するため、今までの甘い考えは捨てて頑張っています。


小川 奈那さん(平成27年3月 本科卒業)

株式会社アバンテック 勤務
私は、専門学校卒業後もともとやりたかった矯正歯科専門の歯科技工所に就職しました。矯正歯科についてはほとんど何も分からなかった私がやっていけるのかとても不安でした。まだまだミスばかりですが、先輩に丁寧に教えていただけるおかげで少しずつ分かるようになってきました。歯科医院ではないので直接患者様の顔を見ることはできませんが自分が製作した矯正装置が納品棚に並んでいるのを見るととても嬉しくなり、やりがいを感じます。
今の目標は、先輩の力をかりなくても一人で矯正装置の製作ができるようになることです。目標を達成するために、これからもこの会社で頑張っていきたいです。